【画像】白木夏子のプロフィール!ジュエリー会社の経営者で一児の母!

白木夏子

白木夏子さんは、ご自身が立ち上げたジュエリー会社経営しています。

白木夏子さんは、一人娘さんを育てながら、会社を運営しています。

白木さんは、宝石が採掘される現場に直接出向いて、ジュエリーの素材を鉱山から直接仕入れています。

そんなパワフルな白木夏子さんがどんな人なのか、プロフィール経歴をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

【画像】白木夏子のプロフィール!

白木夏子さんがどんな人なのか、プロフィール学歴をお伝えしていきます。

白木夏子のプロフィール

白木夏子

白木夏子(しらき なつこ)

生年月日:1981年8月29日

年齢:38歳(2020年1月時点)

出身地:鹿児島(育ちは愛知県)

血液型:AB型

 

白木夏子さんの父親は、名古屋の繊維商社で働くサラリーマン。

母親は、東京のアパレル会社の専属デザイナーをした後、結婚して白木さんの父親の実家が営む薬局のお手伝いをしている人でした。

しりしり君
白木夏子さんに兄弟はいなくて、一人っ子だって!

白木さんの母親は、洋服を縫うのが好きな人でした。

洋服の切れ端をもらって、理香ちゃん人形の洋服を作ったりして、遊んでいたインドア派の子どもでした。

 

白木夏子の学歴

白木夏子さんは、南山大学短期大学部を卒業。

その後、薬局を営む祖父の勧めで、海外留学をします。

2002年からイギリスのロンドン大学で、発展途上国の開発について学んでいます。

スポンサーリンク

【画像】白木夏子はジュエリー会社の経営者

ロンドン大学を卒業した後は、投資ファンド事業会社に勤めます。

その後会社を辞めて、2009年にジュエリーブランドの株式会社 HASUNAを設立しています。

ジュエリーブランドHASUNAでは、ペルー、パキスタン、ルワンダほか世界約10カ国の宝石鉱山労働者や職人とともにジュエリーを制作し、 エシカル(=道徳的、倫理的)なものづくりを実践。”未来へと受け継がれるジュエリーブランド”として、日本におけるエシカル消費文化の普及につとめる。(引用元:白木夏子オフィシャルサイト

 

白木夏子さんの会社の設立当初は、WEBショップしかない状態でした。

WEBショップもスタートしたばかりで、ジュエリーが全然売れない時期があったそうです。

白木夏子

でも、不言実行タイプの白木さんは、苦しい現実をしっかり受け止め、諦めずに営業活動を続けます。

その営業の結果、少しずつ販路を獲得し、経験を積み、今に至ります。

友人 滝川クリステルさんにジュエリーを付けてもらった ことも、ジュエリーの宣伝になったと言われています。

白木夏子

会社設立から2年後の2011年には、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011」キャリアクリエイト部門を受賞しています。

同じ年には、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ日本の若手リーダー30人に選出されています。

白木夏子さんは、世界で活躍する起業家として活躍が期待されています。

 

白木夏子は一児の母

白木夏子さんには、お子さんが一人います。

2013年に出産しているので、現在(2020年1月時点)6歳の娘さんです。

白木夏子さんは、経営コンサルタントの山崎真忠さんと結婚していましたが、2015年離婚。

白木夏子

娘さんは、白木さんのジュエリーを見て育ったからでしょうか。

キラキラしたジュエリーが大好きで、よく絵に描いているとか。

おもちゃを買い与えるのではなく、一緒に絵を描いて塗り絵にして遊んだり、子どもの前では仕事はしないように心がけているようです。

白木夏子

白木さんは子どもとの時間を大切にしていますね。

娘さんと旅をすることが楽しみという白木夏子さん。

オランダに住む友人の結婚式に出席するため、娘さんが3歳の時に初めて二人で海外旅行に行っています。

女二人旅、いいですね。

 

まとめ

会社を経営し、ジュエリーの素材を鉱山から直接仕入れたりするため、アフリカや南米を頻繁に訪れている白木夏子さん。

忙しい白木さんは、母親に東京に出て来てもらい、子育てを助けてもらっているようです。

それでもシングルマザーは大変ですね。

白木夏子さんが、女性起業家としてさらに活躍していくのか?

今後の展開に注目していきます。

スポンサーリンク