篠原ともえの旦那の顔画像!イケメンで美大出身!電通で働いてるの?

篠原ともえ





テレビではあまり見かけなくなった篠原ともえさんですが、個展を開くなどデザイナーとしての才能を活かした活動をされています。

昔の篠原ともえさんの奇抜な服装から年齢が不詳な感じですが、2019年に結婚されていたことが報道されました。

そこで、今回は篠原ともえさんの旦那が、超イケメンなので気になる顔画像をご紹介していきます。

また、篠原さんの夫は、美大出身電通で働いてるのかも合わせてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

【顔画像】篠原ともえの旦那が超イケメン!

篠原ともえさんの 旦那が、超イケメン なんです!

篠原ともえ

モノクロの画像なので、より一層かっこよさが際立っていますね。

篠原ともえさんの 夫の名前は、池澤樹(いけざわ たつき) さんです。

1981年生まれで、現在39歳(2020年7月時点)です。

篠原ともえさんは旦那さんより3歳年上で、姉さん女房なんですよ。

篠原ともえの旦那は美大出身!

篠原涼子さんの旦那・池澤樹さんの 出身大学は、武蔵野美術大学 です。

学科は、デザイン情報学科を卒業されています。

篠原ともえ

小さい頃から絵を描くことが好きな少年でした。

幼稚園生のとき、毎年東京モーターショーに親に連れて行ってもらっては、家に帰ると車のカタログを見ながらスーパーカーの絵を描いていたという池澤さん。

小学生の時には、すでに将来なりたい職業を決めていたそうです。

小学生の頃からイラストレーターや車のデザイナーという職業を意識するようになり、大学は美術大学に行くと決めていました。(引用元:広告朝日)

大学を卒業した池澤さんは、東急エージェンシーに就職し、小学生からの夢だった広告の仕事に就きました。

篠原ともえの旦那は電通で働いてるの?

篠原ともえさんの旦那・池澤樹さんは、電通に勤務している人なのかと噂があるようですが、電通とは関係ありません

池澤樹さんは、東急エージェンシーを経て、34歳の時に 博報堂に入社 しています。

博報堂の第一クリエイティブ局のアートディレクターとして、活躍している方です。

スポンサーリンク

篠原ともえの旦那・池澤樹の受賞歴がすごい!

篠原ともえさんの旦那・池澤樹さんは、アートディレクターとして、広告、CMからパッケージデザインやロゴデザインまで幅広く手掛けています。

2016年と2017年には、2年連続でトヨタ自動車の仕事で ADC賞を受賞

篠原ともえ

2016年の大きなマイナーチェンジに伴い、キャンペーンとしてポスターやテレビCMを池澤さんが制作しました。

また、お馴染みロッテの「乳酸菌ショコラ」のアートディレクションも担当しています。

篠原ともえ

この仕事では、商品ロゴやパッケージデザインから、ポスター、テレビCMまでトータルで手掛けたそうです。

他の主な仕事

  • サントリー烏龍茶・黒烏龍茶
  • 響「JAPANESE HARMONY」
  • 白州「森の彫刻」
  • トヨタ「TOYOTA 86」・「G’s」
  • クラシエ「ナイーブ」
  • 東急電鉄キャラクターデザイン「のるるん」
  • アッシュ・ペー・フランス「rooms」等

 

池澤樹さんの受賞歴

  • 東京ADC賞
  • JAGDA 新人賞
  • カンヌ国際広告祭 金賞
  • One Show 金賞
  • ADFEST グランプリ
  • SPIKES ASIA 金賞
  • ニューヨーク ADC賞 銀賞
  • 朝日広告賞
  • 毎日広告デザイン賞
  • 日本パッケージデザイン大賞 銀賞
  • ベストデビュタント賞等

 

池澤樹さんのクリエイターとしての才能はすごいですね。

若手クリエーターとして、インタビューを受けたり、Wikipediaまである池澤さん。

広告業界では、才能あふれるアートディレクターとして活躍が期待されている方です。

スポンサーリンク

篠原ともえと旦那・池澤樹の馴れ初め

篠原さんと旦那・池澤樹さんの馴れ初めは、篠原さんの原画展 「篠原ともえ 150の原画展」の監修を池澤さんが務めた ことにあります。

篠原ともえ

アート好きな2人は、意気投合し、出会ってから3ヶ月のスピード婚でした。

普段からよくデザインの話をしているというお2人。

アーティスティックな世界観がとっても合うんでしょうね。

篠原さんは、池澤さんのことを次のように語っています。

私にとって恩師であり、友達でもあり、大切な仲間のような存在です(「毎日キレイ」7月5日)

現在(2020年)、池澤さんは篠原さんと一緒に、クリエイティブスタジオ「STUDEO」を立ち上げて、新しい試みに夫婦でチャレンジしています。

素敵な夫婦が作り出すアートの世界が楽しみですね。

スポンサーリンク

こちらも読まれています