清野菜名の歴代彼氏が豪華!好きなタイプは?旦那の生田斗真との共通点も

清野菜名



女優の清野菜名さん、俳優の生田斗真さんとの結婚報道がありましたね。

イケメンで、演技派人気俳優を射止めた清野菜名さんの歴代彼氏が気になりますね。

そこで、今回は、清野菜名さんの豪華な歴代彼氏と好きなタイプについてお伝えしていきます。

また、旦那となった生田斗真さんとの共通点も合わせてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

清野菜名の歴代彼氏が豪華!

清野菜名さんの歴代彼氏として、2人の豪華な名前が上がってきましたので、ご紹介していきますね。

清野菜名の歴代彼氏①西島隆弘

清野菜名さんの熱愛相手として、西島隆弘さんが噂されました

西島隆弘さんは、人気アーティストのAAAのメンバーです。

清野菜名さんと西島隆弘さんの熱愛の噂になった きっかけは、MVでの共演 です。

共演したMVは、西島隆弘さんがソロとしてリリースしたNissyの「どうしようか?」です。

こちらのMVの中では、清野菜名さんと西島隆弘さんのキュンとなるような、かなり密接なシーンがあります。

清野菜名

本当の恋人同士のようだったことから、熱愛の噂が出たようですね。

その後、スクープ写真などが出ることもなく、西島隆弘さんは清野菜名さんの歴代彼氏として噂されただけと言えます。

 

清野菜名の歴代彼氏②生田斗真

清野菜名さんと生田斗真さんの馴れ初めは、2015年1月に放送された 「ウスボロス〜この愛こそ正義。」での共演 です。

清野菜名

清野菜名さんが20歳、生田斗真さんが30歳でした。

清野菜名さんと生田斗真さんの交際のきっかけは、 生田斗真さんからのアプローチ です。

しりしり君
自分より10歳年下の20歳の女子に、積極的にアプローチした生田斗真さん、さすがだね!

2015年8月には、清野菜名さんと生田斗真さんの熱愛がスクープされました。

生田斗真さんのマンションにお泊まりし、お揃いの服装で、スクープされています。

2017年には、女性自身にも半同棲の実態をスクープされた清野菜名さんと生田斗真さん。

さらに、2019年には、生田斗真さんが、清野菜名さんの出演した舞台「けむり軍団」に変装もせずに、観に行っています。

清野菜名

生田斗真さんはジャニーズ所属ですが、かなりオープンな付き合いをしていましたね。

そして、2020年6月5日、清野菜名さんと生田斗真さんから結婚報告がありました。

清野菜名

5年の交際期間を経て、ビックカップルが成立しましたね。

スポンサーリンク

清野菜名の好きなタイプは?

豪華な歴代彼氏を持つ清野菜名さんの好きなタイプが気になりますね。

清野菜名

清野菜名さんの好きな男性のタイプは、

優しくて、好きなことに一途な人が好き(引用元:Asagei+)

 

「好きなことに一途な人が好き」とインタビューで語っていた清野菜名さん。

結婚相手である生田斗真さんが、まさに、「好きなことに一途な人」と言えます。

生田斗真さん自身がAsagei+で語っていた言葉が、

「結婚したいが、 夫である前に俳優でいたい

です。

しりしり君
生田斗真さんは、俳優業に一途なんだね!

俳優という好きなことに一途に生きている生田斗真さんの姿に、清野菜名さん、惚れたんですね。

清野菜名と旦那・生田斗真との共通点も

清野菜名さんと 旦那である生田斗真さんとは、共通点 があるんです。

清野菜名さんといえば、体当たり演技も自分でこなす演技派女優です。

清野菜名

清野菜名さんは、中学生の時に走り高跳びで全国大会に出場しています。

また、清野菜名さんは、見た目とは裏腹に、高校生のときには、3年間アクション部に所属。

しりしり君
バリバリの体育会系女子なんだよ!

なので、仕事で、できないことがあっても「できない」で終わらせるのではなく、「できないことは ひたすら練習する 」タイプです。

演技派俳優として映画やドラマでひっぱりだこの生田斗真さんも、「出来ないことは ひたすら練習する 」というタイプ。

ドラマで共演し、お互いの共通点があった清野菜名さんと生田斗真さん、相性がとってもいいようですね。

まとめ

清野菜名さんの歴代彼氏について、お伝えしてきました。

歴代彼氏として噂された西島隆弘さんとは、共演したMVでのラブラブな様子から付き合っているのはないかと噂が出ました。

ですが、それ以上の関係はなかったと言えます。

清野菜名さんの2人目の歴代彼氏・生田斗真さんとは、実際2020年6月5日に結婚報告がされました。

清野菜名さんと生田斗真さんは、実力&人気のある俳優さん同士。

結婚を機に新たな一面が見られるのか、俳優としての成長が清野菜名さん、生田斗真さん共に楽しみですね。

スポンサーリンク

こちらも読まれています