【新型コロナウイルス】沖縄のタクシー運転手の入院先の病院はどこ?

新型コロナウイルス

沖縄新型コロナウイルス初感染が報告されました。

沖縄県での感染確認に、衝撃が走っています。

感染したタクシー運転手の入院先の病院どこなのか、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

【新型コロナウイルス】沖縄のタクシー運転手の入院先の病院はどこ?

沖縄県内で初の新型コロナウイルスの感染が確認されました。

感染が確認されたのは、沖縄県内に住む60代の女性タクシー運転手です。

新型コロナウィルス

2月11日体調不良を訴え、病院を受診

入院先の病院として考えられるのは、沖縄県内の感染症指定医療機関です。

構成労働省による沖縄県の第一種感染症指定医療機関は、以下の2つの病院です。

  • 琉球大学医学部附属病院
  • 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

 

琉球大学医学部附属病院

住所:沖縄県中頭郡西原町上原207番地

 

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

住所:沖縄県島尻郡南風原町新川118番地1

 

女性タクシー運転手の住んでいる地域に近い病院を受診したと考えられます。

上記の2つの病院のいずれかに、入院している可能性が高いです。

スポンサーリンク

【新型コロナウイルス】沖縄のタクシー運転手の感染経路と行動範囲は?

新型コロナウイルスに感染したのは、60代の女性タクシー運転手です。感染経路と行動範囲について、お伝えしていきます。

【新型コロナウイルス】沖縄のタクシー運転手の感染経路は?

感染の経路は、やはり、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンス」です。

新型コロナウイルス

 

那覇市若狭の那覇クルーズターミナルで「ダイヤモンド・プリンス」を下船した中国人観光客の4人をタクシーに乗せています。

 

その後、本島南部の観光施設まで、女性タクシー運転手が案内しています。

 

【新型コロナウイルス】沖縄のタクシー運転手の行動範囲は?

沖縄の女性タクシー運転手の行動範囲として次の場所が確認できています。

  • 2月1日  :那覇市若狭の那覇クルーズターミナル
  • 同日  :本島南部の観光施設
  • 2月2〜8日:休日をはさみながらタクシー会社に出勤

 

女性タクシー運転手は、2月2〜8日まで、休日を挟みながら会社に出勤しています。

女性タクシー運転手の接触した可能性があるのは、 同僚のタクシー運転手だけではありません。

沖縄で下船した感染者がいたという話は以前からありましたが、やはり感染していたんですね。タクシー運転手さんとなると、当然これまで何人もお客さんを乗せて営業してきたはずで、どれだけ拡がっているものか想像もつかない…。(引用元:ヤフーコメント

 

【新型コロナウイルス】沖縄のタクシー運転手の会社はどこ?

女性タクシー運転手の勤めているタクシー会社は明らかになっていません。

タクシー会社によると、2月1日までに、感染を警戒して、乗務員にマスク着用を義務付けていました。

新型コロナウイルス

感染した 60代の女性タクシー運転手もマスクは着用していたよう です。

タクシー会社は、対策として、アルコール消毒、手洗い、うがいも徹底していたと言います。

感染力の強さを物語っていますね。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスに関する電話相談窓口が設置されました!

新型コロナウイルスに関して、不安が広がっていますよね。

そんな中、厚生労働省に電話による相談窓口が設置されました。

  • 電話番号 0120-565-653
  • 受付時間 9:00〜21:00 (土日祝も実施)

 

また、沖縄県の那覇市でも市民の相談窓口があります。

  • 電話番号 098−853−7962
  • 受付時間 8:30〜17:15(平日)

 

何かあった場合の連絡先を知っておくことも大事ですね。

スポンサーリンク