上沼恵美子の次男の顔写真!年齢や性格は?マザコンや逮捕歴って本当?

上沼恵美子



関西芸人の大御所、上沼恵美子さんには息子さんが2人いらっしゃいます。

次男の方は、構成作家をしていて、母親の上沼さんと一緒に仕事をされています。

そこで、今回は気になる上沼恵美子さんの次男がどんな人なのか、年齢や性格、顔写真(画像)をご紹介していきます。

また、上沼恵美子さんの息子さんには、マザコン逮捕歴があるのでは?という噂もあるので、本当なのか調査していきます。

スポンサーリンク

上沼恵美子の次男の顔写真や年齢は?

上沼恵美子さんの次男さんはどんな方なのか、顔写真や年齢などプロフィールをお伝えしていきますね。

上沼恵美子次男画像

名前:上沼裕次郎(かみぬま ゆうじろう)

生年月日:1983年5月生まれ

年齢:37歳(2020年7月時点)

 

次男の裕次郎さんにはお兄さんがいて、名前は、上沼清太郎(かみぬま せいたろう)さんです。

兄の清太郎さんは、1978年4月生まれなので、5歳年上のお兄さんですね。

上沼恵美子次男画像

兄の清太郎さんは、整骨院をされていましたが、現在は、母親の上沼恵美子さんの個人事務所で働いています。

また、次男の裕次郎さんは2015年頃に結婚されていて、現在も嫁とは、離婚せずにいるようです。

スポンサーリンク

上沼恵美子の次男の性格は嫉妬深いマザコンか?

上沼恵美子さんの次男・裕次郎さんに、嫉妬深くてマザコンなのでは?という噂が出ています。

まず、次男の裕次郎さんの仕事をご紹介しながら、嫉妬深くて、マザコンと言われる理由をお伝えしていきますね。

次男の裕次郎さんは、「ゆじぇーろ」という名前で、構成作家 をされています。

次男の裕次郎さんは、関西テレビで母・上沼恵美子さんが持っている人気トーク番組 『快傑えみちゃんねる』の構成作家 を務めています。

上沼恵美子『快傑えみちゃんねる』画像

母親の番組の構成作家をしていることから、実力で得ている仕事なのか、ちょっと判断しかねますね。

上沼恵美子さんは、次男の構成作家としての実力を認めている発言をしているようなのですが、息子かわいさにひいき目が働いていないのか・・・

しりしり君
毒舌キャラの上沼恵美子さんも、実は息子には甘い可能性はあるね!

そんな中、母子で番組を担当している弊害ともいえる問題が勃発しています。

2020年7月2日、『快傑えみちゃんねる』にレギュラー出演をしていたカジサックこと、キングコングの梶原雄太さんが番組を突然降板すると発表がありました。

上沼恵美子

梶原雄太さんが、上沼恵美子さんに可愛がられていたことは有名なんです。

梶原さんは、過去に人気が出て、多忙のあまり心身症のなってしまい、失踪事件まで起こしたことがあります。

梶原さんが復帰した後、不安定な時期に、上沼恵美子さんが梶原さんの才能を認め、『快傑えみちゃんねる』のレギュラーに抜擢してあげたんですね。

その後も、上沼さんの梶原さんに対する溺愛ぶりは周囲の人の間では有名でした。

2016年の『快傑』のハワイロケに一緒に行っていますが、カメラの回っていないところで、上沼さんは100万円以上のロレックスの腕時計を梶原さんに買ってあげていたそうです。

誰の目から見ても、溺愛しているのは間違いありませんでした」(テレビ局関係者)(引用元:NEWSポストセブン)

 

そんな母親の溺愛を独り占めする 梶原雄太さんに、次男の裕次郎さんが嫉妬していた ということなんです。

彼が梶原さんを目の敵にして、番組のプロデューサーや母親である上沼さんに梶原さんについての悪評を広めたといわれています。あまりに母親が梶原さんを評価するから、次男はそれに嫉妬していた、と言う人もいます」(前出・テレビ局関係者)(引用元:BLOGOS

 

報道の内容が真実なら、梶原さんにとっては踏んだり蹴ったりの状況ですね。

親子で仕事をするのは仲が良くていいですよね。

ですが、私情を挟まないということは社会の暗黙のルールと言えます。

真相次第では、次男の裕次郎さんのマザコンとも言える対応に対して、世間の風当たりは強くなりそうです。

スポンサーリンク

上沼恵美子の次男の逮捕歴って本当?

上沼恵美子さんの息子さんに逮捕歴があるのか、調査したところ、 逮捕歴があるという情報はなく、単なる噂 にすぎませんでした。

なぜ、上沼恵美子さんの息子に逮捕歴があるのかという噂が出たかというと、みのもんたさんが関係していることが判明しました。

みのもんたさんの次男が、2013年に窃盗未遂容疑で逮捕されました。

上沼恵美子

みのもんたさんの息子は、逮捕後に不起訴処分になっています。

最終的に不起訴となった報道と共に、上沼恵美子さんも

「息子の逮捕をもみ消したことがある」

という噂が、なぜか、同時期に流れてしまったようです。

SNS上でのデマの書き込みが広まってしまい、そのまま「逮捕歴」という言葉だけが残ってしまったんですね。

上沼恵美子さんの強気の発言や態度から、単なるデマが真実味を帯びて、広まってしまったのかも知れませんね。

スポンサーリンク

こちらも読まれています。