ジャガー横田の旦那はモラハラ夫?気弱なキャラとは真逆の裏の顔とは?

ジャガー横田



ジャガー横田さんの旦那、木下博勝医師がパワハラ疑惑で報道されました。

木下医師と言えば、ジャガー横田さんの気弱な夫のキャラで、タレント活動もしています。

でも、その気弱な夫のキャラとは真逆の裏の顔がありそうです。

そこで、今回はジャガー横田さんの旦那である木下医師のモラハラ疑惑をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ジャガー横田の旦那はモラハラ夫?

ジャガー横田さんの旦那である木下医師は、働いている病院の部下からパワハラで訴えられました。

しりしり君
なんとなくわかるけど、パワハラってどういうことだっけ?

職場内の人間関係において発生する、いじめや嫌がらせ。上司が部下に対して行うものや、高い職能をもつ者がそうでない者に対して行うものなど。パワハラ。(引用元:コトバンク)

 

しりしり君
パワハラはそういうことか!じゃ、モラハラって?

モラルハラスメント(モラハラ=Moral harassment)とは、言葉や態度などによって人の心を傷つける、精神的な暴力や嫌がらせのこと。(引用元:コトバンク)

 

しりしり君
なんだか、同じ臭いがするぞ!

 

そうなんです。

簡単に言ってしまえば、モラハラを職場でしているのがパワハラといえますよね。

どちらも、上下関係が基礎にあります。

人間関係を上下関係で捉えて、上から目線で人と接する人は、家庭でも、職場でも、自分より弱い立場の人間がいたら、攻撃するというパターンです。

なので、ジャガー横田さんの旦那の木下医師が職場でパワハラをしていたと言うことは、そういう態度の人間なので、 家庭でもモラハラをしていたと考えるのが自然 ですよね。

スポンサーリンク

ジャガー横田の旦那の気弱なキャラとは真逆の裏の顔とは?

もともとジャガー横田さんの旦那である木下医師は、「気弱なキャラ恐妻家を持つエリート医師」という肩書きがうけて、タレントとしても活動していましたね。

ジャガー横田

上の画像のようなジャガー横田さんの恐妻家というイメージは世間では強いと思います。

でも、気弱な夫はキャラでしかなく、実際はモラハラ夫という真逆の裏の顔があったんですね。

ジャガー横田さんの旦那である木下医師が家庭ではモラハラ夫だったことに気づいていたという方が結構いました。SNS上でも話題になっています。

 

さらに、ジャガー横田さんの旦那の木下医師は妻の妊娠中に浮気しています。

ジャガー横田さんの旦那の木下医師の間には、大維志(たいし)くんという一人息子がいます。

不妊治療の末、ジャガー横田さんが45歳でやっと大維志くんを授かった経緯がありますよね。

それなのに、妻に妊娠中にジャガー横田さんの旦那の木下医師は浮気報道されています。

ジャガー横田

浮気報道に対して、木下医師は浮気を否定するコメントを出しています。

ただ、浮気相手が沖縄の夜のお仕事をしている若い女性で、木下医師とのツーショット写真やラインでのやりとりが掲載され、見た感じ、かなり黒に近いですね。

ジャガー横田さんの旦那は、世間的に知られている「恐妻家を持つ気弱なキャラのエリート医師」とは真逆の裏の顔を持っていると言えますね。

 

ジャガー横田の息子もモラハラ?

木下医師が、家でジャガー横田さんに対してモラハラをしているとお伝えしてきました。

さらに、ジャガー横田さんの息子の大維志くんの態度もかなり酷いと話題になっています。

 

ジャガー横田さんの息子の態度は、 父親の母親に対するひどい言動を見て育った からだと推測できます。

中学生になった息子の大維志くんが反抗期だとジャガー横田さんがご自身のブログに投稿しています。

また、最近のインスタグラムにジャガー横田さんと、男性陣の旦那と息子との間に距離感があることが伝わってくる投稿もあります。

ジャガー横田

仲良く家族で食事♡仲睦まじく・・・見える□□しかし・・・実態は仮面家族か!!(笑)だってあの男性陣とは話があわなくてさ〜(笑)

 

不妊治療までして授かった子どもと、夫からひどい態度をとられるなんて、ジャガー横田さんも切ないですね。

 

まとめ

ジャガー横田さんの旦那はモラハラ夫で、気弱なキャラとは真逆の裏の顔をご紹介してきました。

たぶん、ジャガー横田さんは表面的には弱いところを出さないんだと思います。

ジャガー横田さんは、家では裏の顔を見せている旦那の顔色を伺いながら生活しているのではないかと思われます。

家庭内で上下関係があると、幸せな関係を築くのは難しいですよね。子供にまで影響してしまっているのが悲しいです。

ジャガー横田さん、これからも結婚生活続けていくのか、今後の展開に注目していきたいです。

スポンサーリンク

こちらも読まれています