降谷凪の本名や名前の由来は?祖父と同じ古谷を使わない理由についても

降谷凪



Dragon Ashの降谷建志さんとタレントのMEGUMIさんの息子である、降谷凪さんが俳優として映画デビューしました。

凪さんの両親は共に有名な方ですね。更に、凪さんのおじいさんの古谷一行さんも大物俳優なので、凪さんに注目が集まっています。

そこで、凪さんの芸名に、祖父の古谷一行さんと同じ「古谷」を使わない理由やステキな名前の由来についてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

降谷凪の本名は?

降谷凪さんの本名と合わせて、家族の本名もご紹介していきます。

降谷 凪(ふるや なぎ)の本名 : 古谷 凪(ふるや なぎ)

降谷凪

・父 降谷 建志(ふるや けんじ)の本名: 古谷 建志(ふるや けんじ)

降谷凪父

・母 MEGUMI(めぐみ)の本名: 古谷 仁(ふるや めぐみ)

降谷凪母

・祖父 古谷 一行(ふるや いっこう)の本名: 古谷 一行(ふるや かずゆき)

降谷凪祖父

ご覧のように、凪さんの本名は、お祖父さんの「”谷” 一行」さんと同じ「”谷” 凪」ですね。

なぜ、芸名と本名が1文字だけ違うのか、次にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

降谷凪の芸名に祖父の古谷の姓を使わない理由

降谷凪さんが、芸名に祖父と同じ古谷を使わない理由は、凪さんではなく、 お父さんの建志さんがデビューの時に関係しています

凪さんのお父さんである降谷建志さんがDragon Ashとしてデビューしたときは、建志さんの父 親である「古谷一行の息子」ということを隠してデビュー しました。

名前から息子であることがわからないように、敢えて1文字だけ変えました

降谷凪

その後建志さんが「親の七光り」や「二世」とは関係なくブレイクすると、「古谷一行の息子」であることが公表され、世間の知るところとなります。

「あくまで実力で勝負したい」という建志さんのかっこよさを感じるエピソードですね。

凪さんのデビューにあたっては、お父さんの建志さんと同じ「降」を使っています。

今回、凪さんがデビューするにあたって、お父さんとお母さんの全面的なバックアップを受けてのデビューととらえていいでしょうね。凪さんが9歳という年齢も影響していると思います。

「親の七光り」と言いますが、凪さんは、お祖父さんの古谷一行さんの光も受けるので、倍の「十四光」とでも言うのでしょうか?

古谷凪の名前の由来は?

降谷凪さんの名前の由来は、お母さんであるMEGUMIさんの夫・建志さんに対する一途な想いにあります。

なぜかというと、まだMEGUMIさんと建志さんが知り合ってもいない2005年7月にMEGUMIさんは、交通事故に遭い、2週間入院することになります。

入院中にテレビで、Dragon Ashの「夕 Union」のMVを見て、MEGUMIさんは、ボーカルの降谷建志さんに一目惚れしてしまいます。

こちらの動画が、MEGUMIさんが降谷建志さんに一目惚れしたMVです。

このMVを見たすぐ後にMEGUMIさんは、行動に移します

Dragon Ashのライブに駆けつけ、芸能人という肩書きを生かし、楽屋に挨拶に行き、なんと打ち上げにも参加

その後MEGUMIさんの建志さんに対する長期に渡る猛烈なアタックが功を奏し、二人は交際を開始。そして、妊娠結婚という流れになりました。

見てきたように、MEGUMIさんの建志さんに対する一途な想いから、凪さんは誕生します。

MEGUMIさんが授かった赤ちゃんに、建志さんに一目惚れしたUnion」「凪」とつけたことに、感動してしまいました。本当にMEGUMIさんは建志さんのことが大好きなんですね!

MEGUMIさんと建志さんの詳しい馴れ初めを知りたいか方は、こちらもどうぞ↓

降谷凪父

降谷建志の歴代彼女!MEGUMIと結婚するまでの交際遍歴まとめ

2020年10月9日
スポンサーリンク

降谷凪の年齢やプロフィール紹介

降谷凪さんの年齢やプロフィールを紹介していきます。

本名:古谷凪(ふるやなぎ)

芸名:降谷凪

生年月日:2009年2月6日

年齢:9歳(2019年12月時点)

星座:水瓶座

出身地:東京都

 

MEGUMIさんと降谷建志さんの間には他にお子さんはいないので、凪さんに 兄弟はいなく一人っ子 です。

兄弟のいない凪さんに母親のMEGUMIさんはいろいろな経験をさせたいと思ったのでしょうね。凪さんはサッカーをやっていました。

降谷凪

MEGUMIさんのインスタグラムの投稿の言葉↓

サッカー初試合。息子の自覚が無さ過ぎてガッカリ😨試合前の挨拶中に地面に絵を描いて遊ぶという。

テレビなどで人気のMEGUMIさんなので、超多忙なスケジュールをこなしていると思います。

でも、忙しい合間に子どもをサッカーの試合場に送っていったり、応援したりする母の気持ちは幼い凪くんには通じなかったようですね。

これから、凪さんがどんな成長をしていくのか楽しみです。

スポンサーリンク

こちらも読まれています