ゴーンの父親は殺人者!金や麻薬の密輸人?山分けがこじれて神父殺害?

ゴーン

カルロス・ゴーンの父親が殺人者だったという衝撃的なニュースが入ってきました。

ゴーンの実父ジョージ・ゴーンが神父を殺害し、刑務所に入り、死刑判決を受けていたんです。

そこで、今回ゴーンの父親の知られざる過去について、わかりやすくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ゴーンの父親は金や麻薬の密輸人?

カルロス・ゴーンの父親の名前は、ジョージ・ゴーンです。

ゴーンの祖父がレバノンで生まれ、ブラジルに移住しています。

そのため、ゴーンの一族は、レバノン系のブラジル人にあたります。

ゴーンの父親は、37歳頃、 ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者 をしていました。

ゴーン

ゴーンの父親は、密輸組織を組み、法に触れる犯罪を行っていたんですね。

スポンサーリンク

ゴーンの父親は殺人者!山分けがこじれて神父殺害?

ゴーンの父親が起こした殺人事件について、わかりやすくお伝えしていきます。

ゴーンの父親が殺害した被害者の神父とは?

被害者は、ボリス・ムスアド神父。

ゴーン

実は、被害者の神父は、ゴーンの父親の密輸組織に加わっていたんです。

ゴーンの父親と被害者の神父は、事件の20年前からの知り合いでした。

被害者の神父は、レバノンの山岳地帯で羊飼いをしていましたが、後に神父になった人物です。

その神父にゴーンの父親は、密輸を依頼するようになります。

世間的に神父さんへの信頼は高く、まさか神父が密輸に関わっているとは考えないですよね。

神父が関わった密輸の成功率は高かったはずです。

 

ゴーンの父親の殺人事件

ゴーンの父親が殺人を犯したのは、レバノンの村でした。

上でお伝えしたように、被害者の神父もゴーンの父親の密輸に関わっていました。

ゴーンの父親は当時5人で密輸を行っており、儲けたお金は、山分けにしていました。

でも、神父が山分けでは満足しなかったようです。

「神父の欲深さに腹を立て、仲間をけしかけて脅していたら、神父を殺害してしまった」と、ジョージは供述している。

ジョージは検察官の取り調べに対し、「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」と供述している。(引用元:https://forbesjapan.com/articles/detail/31734)

 

神父殺人事件から3日後に、ゴーンの父親を含む5人が逮捕されています。

 

父親の殺人事件:当時のカルロス・ゴーンは?

1960年の事件当時、カルロス・ゴーンは6歳です。

ゴーンは6歳までブラジルのリオデジャネイロに住んでいました。

6歳のときに母親と姉妹3人とで、レバノンの首都ベイルートに転居しています。

密輸を行っていたゴーンの父親は、家族の住むブラジルとレバノンを行ったり来たりしていたのかもしれません。

ゴーンの父親は、殺人後レバノンで逮捕され、レバノンの山岳地帯にあるバアブダー刑務所に送還されます。

しりしり君
ちょうど、ゴーンの父親が殺人事件を犯し、レバノンの刑務所に入った時期とゴーンと母親たちがレバノンに転居したのは同じ時期だね!

 

父親が刑務所に入ったことで、同じレバノンにいることを母親は決意したのでしょうか。

ゴーンは、中等教育までをレバノンのベイルートで受けています。

その後の教育はパリで受け、1978年にゴーンは、パリ国立高等鉱業学校で工学博士を取得しています。

スポンサーリンク

ゴーンの父親は死刑囚から一転!ビジネス成功者に!

ゴーンの父親は、レバノンのバアブダー刑務所に送還されます。

バアブダー刑務所で、ゴーンの父親は看守たちに賄賂を配り刑務所内のドンとなります。

その後、刑務所の仲間11人が逃亡計画を立て、逃亡しますが、失敗。

そこで、捕まった仲間が、ゴーンの父親からバアブダーの地方検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画をもちかけられていたことをばらしてしまいます。

これによって、 ゴーンの父親は、死刑判決を言い渡さました

その後、死刑囚となったゴーンの父親は模範囚となり、 15年の禁固刑を受け、出所 します。

しりしり君
でも、このままじゃ、話は終わらないよ!

刑務所から出所して4ヶ月後に、再逮捕

偽札の所持、販売でまた15年の禁固刑に!

そして、3年後ゴーンの父親は、行く末を案じたのでしょうか?

刑務所内で自殺未遂をはかります。

しりしり君
ここで、ゴーンの父親にとってチャンス到来 !?

1975年初頭に起きた レバノン内戦の混乱に乗じて、ベイルート脱出に成功 します。

ゴーンの父親は ブラジルのリオデジャネイロに逃げきります

その後、ゴーンの父親は、ブラジルでビジネスに成功。

ゴーンの父親は、2006年に亡くなっています。

 

まとめ

ゴーンの父親は、1960年37歳の時に、密輸犯罪の組織内の山分けのこじれから、神父を殺害していました。

殺人の罪で刑務所に入所しているときに、ゴーンの父親は地方検事などの暗殺計画を立て、死刑判決を受けます。

その後、ゴーンの父親は減刑を受け、一旦は出所しますが、偽札の販売の罪を犯し、再び刑務所へ。

その最中、レバノンの内戦に乗じて、ブラジルに脱出

ゴーンの父親が1975年に刑務所を脱出しているので、ゴーンが21歳頃ですね。

生まれ育ったブラジルの地で、ゴーンの父親は、ビジネスに成功します。

カルロス・ゴーンが父親について語らなかった理由が明らかになりました。

しりしり君
まさか、日産のCEOだった人の父親が殺人者死刑判決を受けていたなんて、言えないよね!

 

刑務所を脱出して成功した父親を持ったカルロス・ゴーン。

同じくカルロス・ゴーンも日本を脱出して、レバノンで自由を手に入れました

父親譲りの脱出劇だったんですね。

スポンサーリンク